反応性血小板増多症の症状・診断・治療

反応性血小板増多症とは? 『反応性血小板増多症』は、何かの病気や出血の結果として一時的に血小板が増加している状態です。二次性血小板増多症とも呼ばれます。具体的には、 血小板数が45万/µL(基準値は15万~40万個/µL… 続きを読む 反応性血小板増多症の症状・診断・治療

本態性血小板血症の症状・診断・治療

本態性血小板血症(ET)とは? 本態性血小板血症(ET)は、血球を造っている骨髄内の造血幹細胞に異常がおこり、血小板に育つ細胞が腫瘍化して増殖する血液の病気です。『骨髄増殖性腫瘍疾患』と呼ばれる中の1つです。 血液検査を… 続きを読む 本態性血小板血症の症状・診断・治療

血液はどのように造られているの?血液の仕組みと造血幹細胞

血液の成分と働き 血液は、血漿(けっしょう)と呼ばれる液体成分に、3種類の血球細胞が混じっています。 血球細胞には、 赤血球 白血球 血小板 の3種類があります。 白血球はさらに 好中球 好酸球 好塩基球 単球 リンパ球… 続きを読む 血液はどのように造られているの?血液の仕組みと造血幹細胞