血小板とは?血小板の働きと役割


血小板とは?

血小板は、赤血球、白血球と並ぶ重要な血液細胞です。血液は、『血漿』と呼ばれる液体成分に固形の『血球』(血液細胞)が混じり合っています。

血球には、赤血球、白血球、血小板の3つの種類があります。それぞれの主な働きは、

  • 赤血球…全身に酸素を運ぶ
  • 白血球…ウイルスや異物と戦う免疫担当
  • 血小板…出血時に血液を固めて傷を塞ぎ出血を防ぐ

となり、どれも適度な数や大きさでバランスが取れているのが健康な状態です。

血小板は1つ1つが独立した核を持っている赤血球や白血球と異なり、骨髄の中の巨核球という細胞の一部がちぎれたものなので核を持たず、突起のあるいびつな形をしています。色は黄色がかっています。

大きさは約2μm(マイクロメートル)で赤血球や白血球の細胞よりも小さく、正常状態の血中では15万~40万個/μL程度含まれています。

平均寿命は8~12日で、寿命を迎えた血小板は主に脾臓で破壊され、一部は血中でも破壊されます。血小板の約1/3は脾臓に存在しています。

血小板の役割

血小板には、止血と血液凝固の働きがあります。

血管が傷つき出血したときに活性化し、血管の傷に血小板が血漿(血液の液体成分)のフィブリノーゲンによって血小板同士が接着してのり状となり、血管の壁の傷口を防いで血栓をつくります。

その状態からさらに凝固成分が放出され、血漿(血液の液体成分)の凝固を助け、他の血小板や赤血球を密着させて強力に止血をします。

このときつくられるのが、一般的に『かさぶた』と呼ばれるものです。

血小板の重要な役割は、出血の際の止血が主ですが、血管内皮細胞を維持するための物質を供給したり、炎症、免疫、感染防御、動脈硬化、がんの転移や発育など、様々な生体反応にも深くかかわっていると考えられています。

血小板数の調節メカニズム

血球の産生をコントロールしているのは、ポエチンと呼ばれる因子です。血小板の産生は主に『トロンボポエチン』と呼ばれるポエチンが担っています。

その他、赤血球の産生を促すエリスロポエチンも関わっているとされています。

トロンボポエチンは、血小板のもととなる巨核球の数や倍数性を増加産生後の血小板にも作用します。

血小板にはトロンボポエチンと結びつく部位があり、その刺激によって凝集の機能などが促進されると考えられています。

血小板は自力では傷の部位に移動することができませんが、白血球と結合することで動くことができます。

傷ができた際、白血球は傷の修復や感染防御のためにその部位へと自ら移動していきますが、血小板はその白血球と結びついて傷まで連れていってもらっていると考えられています。

また、炎症反応など白血球の働きに血小板がかかわっていることもあり、この2つはお互いに協力し相互に影響しあって働いているとみられています。

カテゴリー:こころみ医学|2022年10月1日