ビダーザ(一般名:アザシチジン)の効果と副作用

ピターザの効果と副作用について、血液専門医が詳しくご説明します。

ビダーザ(一般名:アザシチジン)は、骨髄異形成症候群などの血液の腫瘍に使用される治療薬です。

血液腫瘍治療薬の中でも代謝拮抗薬に分類され、腫瘍細胞のタンパク質合成を抑える働きを持ちます。

今回は、ビダーザの効果や副作用について詳しく解説していきます。

ビダーザとは?

ビダーザ(一般名:アザシチジン)は、骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes:MDS)・急性骨髄性白血病(acute myeloid leukemia:AML)で使用される血液腫瘍の治療薬です。

1964年に核酸合成阻害剤として化学合成、1980年代より骨髄異形成症候群の治療薬として注目されており、血液腫瘍の治療薬としては歴史のある薬剤として知られています。

骨髄異形成症候群で推奨されている唯一の注射薬として、現在でも治療に使われています。

ビダーザの適応

ビダーザ(一般名:アザシチジン)の適応として、以下が認められています。

  • 骨髄異形成症候群
  • 急性骨髄性白血病

ビダーザの効果

ビダーザ(一般名:アザシチジン)は、骨髄異形成症候群や急性骨髄性白血病の原因となる腫瘍細胞の増殖を抑える作用を持ちます。

ビダーザが投与されると、細胞内のDNAやRNAに取り込まれ、細胞増殖に必要不可欠なタンパク質の合成を妨げます。

また、ビダーザは骨髄異形成症候群において「CDKN2B」と呼ばれる遺伝子にも関わっているとの報告があります。

「CDKN2B」は、人の体内に備わっている「がん抑制遺伝子」のひとつです。

ビダーザは、骨髄異形成症候群に対して様々な作用で効果を発揮します。

ビダーザの用法

ビダーザ(一般名:アザシチジン)の用法は、以下の通りです。

  • 投与量
    75mg/m2(体表面積)
  • 投与方法
    皮下投与または点滴静注(10分間)
  • 投与スケジュール
    1日1回・7日間投与の後、3週間休薬

これを1サイクルとし、投与を繰り返す

ビダーザの投与時間は10分間他の抗がん剤と比べて短時間で終了しますが、7日間連続して投与する必要があります。

入院をしない場合は1週間病院に通い続けなくてはならないため、スケジュール面において負担に感じられる方も多いでしょう。

ご自身で病院に通えるタイミングを主治医とも相談しながら、治療を進めていく必要があります。

ビダーザの副作用

ビダーザの副作用として、特に高い頻度で見られる症状が「骨髄抑制」です。骨髄抑制とは、体内の血球成分を作る骨髄の働きが抑えられてしまう状態です。

血球成分である白血球・好中球・血小板などの数が減ってしまい、感染症にかかる・あざができやすくなる等の自覚症状につながります。

特に、ビダーザ投与においては「好中球減少症」の頻度が高く見られています。好中球は、ご自身の体を細菌・ウイルス等から守る「体内の救急車」のような存在です。

ビダーザ投与中は好中球数の減少が見られやすいため、感染症にかからないよう手洗い・うがいなどを徹底しましょう。

また、ビダーザは骨髄抑制の度合いにより投与の延期・減量をするよう定められています。

診察時の検査で白血球数・好中球数・血小板数を確認し、その後の治療方法を検討します。

採血検査は「病状が進行していないか」の指標にもなりますが、「ビダーザの副作用が出ていないか」の確認も兼ねる重要な検査でもあるのです。

主な副作用と頻度

ビダーザによる副作用の頻度は以下の通りです。

  • 骨髄抑制
     好中球減少症(発熱性好中球減少症を含む):49.5%
     血小板減少症:32.6%
     白血球減少症:20.0%
     貧血    :13.7%
  • 感染症
     肺炎  :11.7%
  • 心障害
     心房細動:1.3%
     心不全 :0.9%
  • 肝機能障害、黄疸
     ALT 増加:5.2%
     AST 増加:4.8%
     ALP 増加:3.5%
     血中ビリルビン増加:4.2%
  • 低血圧
     低血圧 :1.5%

参考:国内第I/II試験(NS17-P1/2 試験)53 例、AML 患者対象の国内第II相試験(NS17A-P2 試験)30 例、海外第III相試験(AZA-AML-001 試験)236 例 及び国際共同第III相比較試験(M15-656 試験)427 例 の結果を元に集計

妊娠と授乳

妊娠中のビダーザ投与は、非臨床試験(マウス・ラットに対する試験)において胎児の死亡・奇形が報告されているため禁止されています。

授乳についても、ビダーザが乳汁に移行する可能性があるため、投与中は避けた方が望ましいとされています。

ビダーザの薬価

ビダーザの薬価は以下の通りです。 ※2023年5月現在

  • 先発品(ビダーザ注射用100mg)  :38,749円
  • 後発品(アザシチジン注射用100mg):15,425円

まとめ

  • ビダーザ(一般名:アザシチジン)は、骨髄異形成症候群(myelodysplastic syndromes:MDS)・急性骨髄性白血病(acute myeloid leukemia:AML)の治療薬です。
  • ビダーザは、腫瘍細胞のタンパク質合成を妨げる代謝拮抗薬です。
  • ビダーザにおいて、高頻度で起こる副作用に「骨髄抑制」があげられます。
  • ビダーザの薬価は、100mgあたり先発品が38,749円、後発品が15,425円と非常に高額です。

【お読みいただいた方へ】
医療法人社団こころみは、東京・神奈川でクリニックを運営しています。
「家族や友達を紹介できる医療」を大切にし、社会課題の解決を意識した事業展開をしています。
上野御徒町こころみクリニックでは、血液患者さんの治療と社会生活の両立を目指し、大学病院と夜間連携診療を行っています。
医療職はもちろんのこと、法人運営スタッフ(総合職)も随時募集しています。

(医)こころみ採用HP (株)こころみらいHP

取材や記事転載のご依頼は、最下部にあります問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリー:こころみ医学  投稿日:2023年6月1日

\ この記事をシェアする /

TWITTER FACEBOOK はてな POCKET LINE

関連記事

【販売中止】フェルムカプセル(一般名:フマル酸第一鉄カプセル)の効果と副作用

フェルムカプセル(一般名:フマル酸第一鉄カプセル)は、鉄欠乏性貧血に処方されるカプセル剤です。 徐放性の薬剤であり、1日の内服回数を少なくすることで服用の負担を軽減できます。 今回は、フェルムカプセルの効果や副作用につい… 続きを読む 【販売中止】フェルムカプセル(一般名:フマル酸第一鉄カプセル)の効果と副作用

投稿日:

腎性貧血の症状・診断・治療

腎性貧血とは 腎性貧血は腎臓が原因で起こる貧血で、主に腎機能低下に伴って生じる貧血と言えます。 腎臓と言えば、「体内の老廃物を濾過して、おしっこをつくるところ」というイメージがあるかもしれませんが、腎臓にはホルモンを分泌… 続きを読む 腎性貧血の症状・診断・治療

投稿日:

タバリス(一般名:ホスタマチニブナトリウム水和物)の効果と副作用

タバリス(一般名:ホスタマチニブナトリウム水和物)は、特発性血小板減少性紫斑病(Idiopathic thrombocytopenic purpura:ITP)の治療に使われる経口血小板破壊抑制薬です。 2023年4月に… 続きを読む タバリス(一般名:ホスタマチニブナトリウム水和物)の効果と副作用

投稿日:

人気記事

紫斑病の症状・診断・治療

紫斑病とは? 紫斑病とは、止血に重要な働きをしている血小板が減少してしまうことなどで、血が止まりにくくなっているときに起こります。 その原因は様々で、血小板の機能に異常がある場合、凝固因子といわれる止血に必要なタンパクが… 続きを読む 紫斑病の症状・診断・治療

投稿日:

貧血の症状・診断・治療

貧血とは? 貧血は、血液中で酸素を運ぶ赤血球のヘモグロビン濃度が減り、全身で酸素が不足してしまう状態です。 人間の活動のためには十分な酸素が不可欠ですので、貧血が進行すると体が疲れやすくなり、不足した酸素を取り込もうと心… 続きを読む 貧血の症状・診断・治療

投稿日:

血小板増多症の症状・診断・治療

血小板増多症とは? 血小板増多症は、血液成分の1つである血小板が異常に増えた状態です。具体的には、 血小板数が45万/µL(基準値は15万~40万個/µL)を超えた状態 です。 私たちの血液は、血漿(けっしょう)と呼ばれ… 続きを読む 血小板増多症の症状・診断・治療

投稿日: